外国特許申請出願「Patent+(パテントプラス)」

当社の新技術の粋とも言えるアプリで、ビジネスモデル特許を含めた外国特許申請を着々と準備を進めています。

この特許が国内・海外含めて受理されれば、当社のパテントビジネスは戦略的に攻めの姿勢が取れるので、何としてでも特許権利を獲得したいと、外国特許申請にリーズナブルに出願でき、かつパートナーとして信頼のおける国際特許事務所を探しています。

リサーチしていて気づいたことですが…。海外における特許申請は、正式名称は何なんですかね…。

外国特許申請という呼び方が一般的なのかと捉えていましたが、「国際特許事務所」と名乗るところもあれば、「外国特許事務所」と名乗るところもある…。

色々調べてみた結果、どうやら特許申請出願の手法が違うみたいですね!

「国際特許申請」と呼ばれる出願手法は、一般的に別名「PCT出願」と呼ばれるスキームの様です。特許庁からの引用によれば、『特許協力条約(PCT:Patent Cooperation Treaty)に基づく国際出願とは、ひとつの出願願書を条約に従って提出することによって、PCT加盟国であるすべての国に同時に出願したことと同じ効果を与える出願制度です。』とあります。

とある国際特許事務所に問い合わせてみたのですが、特徴としては、まず日本で特許申請出願を行い、その受理をもって、外国に特許申請を行う形になるとのこと。

つまり、日本で特許申請出願をして、それから外国で特許申請出願を行うので、期間が単純計算で2倍かかると言えますね。

一方で「海外特許申請」と呼ばれる出願手法は、外国に直接、特許申請出願を行い、同時に日本でも特許申請出願をするため、同時進行メリットで国内の特許申請出願で一般的に受理される期間と同等で済む模様です。

だいたい一般的に、特許申請が受理されるまでには2年~2年半掛かると言われていますので、その期間で外国+日本両方で知財として権利を発生できるのはメリットが大きいですね!

ただし、そのメリット故、扱っている特許事務所が非常に少ないようです。なにせ、現地に代理人ネットワークがない限りは、海外現地での特許出願申請が出来ないので…。希少性のあるサービスと言えそうです。

そこで見つけたのが、BINGO特許事務所が打ち出している「Patent+(パテントプラス)」というパッケージサービスです。

特にアメリカ、中国へ直接外国特許を申請するスキームを得意としているようです。技術模倣のモラルが高いとは言えない中国で一早く外国特許を取得できるのは心強い限りです!

日・米・中の3か国への外国特許申請出願で、現地代理人費用や、なんと翻訳料まで”コミ”としてパッケージプライスの150万円という設定も、とってもリーズナブルですよね!?

「Patent+(パテントプラス)」が掲げているのは…下記のようなユーザーメリットです。

価格を抑えたい。

海外へ特許出願で大手企業と同等のコストメリットを享受したい。

出願件数が少ない場合でも、1件単価を抑えたい。

費用対効果を考え「出願するべきかどうか?」相談から始めたい。

管理体制が整っていることは、もっと大事。
海外特許申請のカギを握る「現地代理人」。現地代理人との管理体制もしっかり確認したい。

親切に、フットワーク良く対応してほしい。

海外特許についての知識が少ないので、初歩的なことから細かく相談したい。

書類作成の自社負担をできるだけ減らしたい・プロにお任せしたい。

過去、特許事務所に依頼したことがあるが、案件規模を理由に不親切な対応をされ、上手く進まなかった。

これは、外国特許申請出願をリーズナブルかつ信頼できるパートナーを探している企業には強い味方になりそうです!!